Yuk1だーるま

不定期21時頃更新!!

お金は¥200!!しかも沢山出来る!!


オフ車の場合、見た目でカスタムする場所がオンロードバイクに比べ少ないです。

IMG_3018
出展:T-Space - 埼玉県三郷市のYAMAHA(ヤマハ)バイク専門店
WR250Rコンプリートモデル

見た目的なところよりも実用性が重視されるオフ車は、見た目を大きく変化させる事が出来るのは本当にステッカーくらいになります。

そしてオンロードバイクに比べ、砂利だの泥だのが飛んで来るオフロードバイクは強いステッカーが必要になります。 ステッカーをワンオフで注文したことが有る人はご存知と思いますが、車体のステッカーって案外高いんです!

というか私の場合、元々YAMAHAブルーだった車体をわざわざパーツを取り寄せてまでYAMAHA純正のパープリッシュホワイトソリッドというカラースタイルに変更しているので現状の雰囲気がとても好みの状態なのです。

強いて言えば、WR250Xと同じゴールドのリムに変更したいなぁくらいでしょうか笑(セロー250もゴールドなんですよねぇ)

P_20170624_234538_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
周りの光の影響でリムがゴールドに見える写真

モタードのモデルだったらゴテゴテに見た目を変えると思いますが(そういうのが似合うんですよね、モタードバイクって)

で、今回のカスタム内容は?


みなさんホワイトレターってご存知ですか? タイヤのサイドウォールに描かれたメーカー名とブランド名が白ゴムで見栄えが良いものです!
917d8986
出展:TWO HOT : ホワイトレター
ホワイトレタータイヤの写真

とってもレーシーですよね! ちなみに、車種とホイールが変わればこんなアンティークな感じにもなります!
g09100091
出展:2006年 ふっさ市インターナショナルフェア
アメ車の写真

元々はホワイトやイエローで銘柄を目立たせてタイヤのブランドを広めて市場を獲得する目的で付けられていたものですが、サーキットを走るワークスマシン等にも採用されたこともあり、レースファンの間でもホワイトレターのタイヤが好まれるようになりました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_Basics_2015-sgt-gt500-overview_03
出展:2015年SUPER GT GT500クラスの見どころ - 日本ミシュランタイヤ モータースポーツレポート SUPER GT
ミシュランタイヤの写真

使用する物は?


前置きが長くなりました笑 今回使用するものはこの2つ!

P_20170703_185406_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
ポスカとタオルの写真


はい!タオルとポスカです!!

タイヤに描く専用のペンも有りますが、ちょっと高い。。。

あとamazonのレビューがよろしく無いようです。

ということで今回はポスカでホワイトレター化します。

ちなみに、修正液やカラースプレーなんかが多く有る中で何故ポスカかというと、

1:ポスカは水性ペンなので、ゴムを侵食しません。

油性塗料の場合は溶剤が含まれていることがあるのでゴムもそうですが、樹脂系等にはあまり使うことが好ましく有りません。

2:材料を選ばず塗布でき、定着性も良い!

小学生の頃に自宅のガラスやスピーカーに色を塗って遊んでいたのですが、本当に取れない!!!
ガラスの場合は定規でゴリゴリ削り取るようにして落とせたのですが、スピーカーはそんなことも出来ないので、上から塗り重ねました。。。。。

3:発色が良く、下地が黒であろうと白であろうとしっかり発色してくれます。

今回の場合は下地が黒ということもあるので、最適なペンと言えます!

4:各色1本から購入でき、非常に安い!

いやぁ、さすがはポスターカラー!バラ売りしてくれています!

だんだん、ポスカが欲しくナール!欲しくナール!欲しくナール!

それでは作業開始!!


と言っても拭いて塗るだけ笑

P_20170703_185648_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
タイヤを拭いている写真

せっかくタオルを用意したので、ほかの汚れているリムなんかも掃除してしまいましょう!

それではタイヤの汚れをタオルで拭いていきます。 この時!パーツクリーナーなどで清掃してはダメですよ?タイヤが痛みます! 汚れがひどい場合はタオルを濡らして拭きましょう!

汚れを取り終えたら後はポスカで色を足していきます!

使い古したポスカだと液だれしやすくなっている場合も多いですが、それでも塗りやすいので素晴らしい!

P_20170703_190246_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
タイヤにポスカで塗り始めた写真

TW-301の1を塗り終えた時に確信しました。。。。。。「これはいい!!」と。

ということでこの手のカスタムが好きな友人に早速電話し、仕事終わりに合流することに。

友人が来るまでに前後左右の銘柄部分を塗り終えたかったのですが、ご近所の奥様方に世間話を持ちかけられたことも有り笑 フロント左の銘柄までしか塗り終えていません笑

P_20170703_194109_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
前タイヤ左側面を塗り終えた時の写真

掛けた金額の割には十分納得行く内容になりました笑

作業内容はバイクもクルマも同じなのでクルマの作業風景は割愛します笑

クルマの方が映える!!


img03
出展:アルト ワークス スタイリング | スズキ
オフィシャルの写真

上の写真は公式サイトで見ることの出来るアルトワークスです。

P_20170704_000822_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
友人のアルトワークスポスカ塗布完了後の写真

足回りの印象がだいぶ変わりますね! ポスカを塗る前から赤いリムガードをつけていたのでレーシーでは有りましたが、更に引き締まった雰囲気に変わりました!

作業開始時間がすでに夜ということもあり、動画撮影したものの、満足の行く映像が出来なかったので、後日明るい時間帯に撮影しようかと思います。

というのも、停止してる状態よりもタイヤがしっかり回ってる時の方が、とてもかっこよく見えるのです!

これは非常にコスパが良い!


ちなみにここまでポスカ1本で作業していますが、ポスカの内容量的には有り余っている量なので、タイヤ交換をしても繰り返し使うことが出来ます。。。。!

私は白色を選びましたが、メーカーで出されている色を見ると、白、黄、青は見たことがあるので、あえてピンクにしたりするのも良いかもしれませんね笑

我ながらいいアイデアだと思うのでワンポイントカスタムをしたいと思っているあなた!!!ポスカでタイヤをかっこ良くしましょう!!

暑い季節は夜が快適!


楽しそうに夏の日差しを楽しんでいる人がとても羨ましいなぁと思っているYuk1だるまです笑

gahag-0082162718-1
出展:GAHAG
ペットボトルと水の写真

夏というのは私には敵とも言えるほど苦手な季節なのです!!!! 何をするにしても異常に体力を消耗するこの季節はメンタルまで消費します!!!!

快適に過ごそうと思えばエアコンが聞いてる部屋の中にこもる事になります。 もしくは着物で出かけるということになります(会社も着物で仕事させてくれたら嬉しいんですけどね笑)

ということで、暑い時間帯は部屋の中でゆっくりし、涼しい時間帯の深夜に都心部を少しだけまわって来ました!!

写真では伝えきれない景色!


GOPR0035-PANO
Picture by Yuk1だーるま
レインボーブリッジ パノラマの画像

この場所、どうやら有名な様でスポットに名前が付いていました笑



私が到着した時間帯は、この夜景をバックにカスタムしたクルマを撮りに来てる方がとても多く見られました!

P_20170624_230947_LL-ANIMATION
Picture by Yuk1だーるま
レインボーブリッジと夜景の画像

非常に綺麗な景色で見とれてしまい、30分位ボケーッと居ました笑

休憩も十分取れたので次は東京タワーへ!
P_20170624_234612_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
東京タワーの写真

あたたかみの有る色が美しい東京タワーで、観光客の方も多く見られました! やはり東京タワーは綺麗ですね!

東京タワーの真下に来るとだいたいクルマとかバイクを一緒に撮りたくなるのが性ですが、こんな小さな物と大きな東京タワーを一緒に撮ろうとすれば道路に寝転がって撮る以外の選択肢は無さそうです。

P_20170624_234538_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
路肩に停めたバイクの写真

バイクだけの特権?!


GOPR0040
Phot by Yuk1だーるま
WR250Rと東京タワーの写真

もう少し構図を考えて撮ればよかった笑

道路のど真ん中にGoProを置いて撮った写真です。 都内でこれをすることが出来る場所はほぼ無いのでオススメなのですが、この道路の入り口がパイロンで塞がれているので、クルマは通ることが出来ません。



ではなぜバイクがこの道路に入っているかといえば、皆さんもご存知の通り、自動2輪はエンジンが停止している状態であれば歩行者扱いになるので、入り口でエンジンを停止させて押していれば問題なく通る事が出来ます!

通行人は多いので、人目は有ります笑

P_20170624_235813_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
WR250Rと東京タワーの写真2

こちらはスマホで撮った写真です。街路灯の色温度が低かったのも有って赤みが強く出ていますね笑

この写真を撮ったすぐ脇にお寺が有ります。

P_20170625_001735_LL
Phot by Yuk1だーるま
千躰子育地蔵尊の写真

P_20170625_001647_LL
Phot by Yuk1だーるま
千躰子育地蔵尊の写真2

子供の健康や無事成長を願う可愛らしいお地蔵様です。 お地蔵様の顔が赤ちゃんの様にふっくらしていました!

ただやはり神社は朝に来るべき場所ですね笑

おまけ


P_20170624_230226_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
ミラーに写ったレインボーブリッジの写真

たまたま視界にミラーに写ったレインボーブリッジが有ったので写真を撮ってみたところ、何故かレインボーブリッジよりも都心の光のほうが綺麗に撮れました笑

この場所、本当に綺麗なのでふらっとお散歩の際には是非皆さんも足を運んでください!

カスタムはしたいけど、お金がない!!


というお話をよく聞きます(見た目のカスタムが多い印象です)

と、いうことで今回はプチカスタムをします。(他の人のマフラーのカスタムを見て思いつきました笑)

↓-今回使用するものはこちら-↓
P_20170623_152753_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
カスタムに使用する材料の写真

写真左上から。
・ニッパー
・両面テープ
・モンスターエナジー

ニッパーを除けばどこのご家庭にも有るものですね!

モンスターエナジーは失敗した時の為に沢山飲んでおくことをオススメしております笑

それでは、今回カスタムする場所はこちらになります。
P_20170623_125227_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
リアショックのリザーバータンクの写真

こちらの銀の筒でございます。 オーリンズのショックを入れてる人はこれが金色でオーリンズのロゴが入っていますね。

この無地の銀の筒をカスタムします(と言っても内容は簡単。)

正直計測なんてしなくても?


P_20170623_154255_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
リアショックリザーバータンク高さ計測の写真

P_20170623_154340_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
リアショックリザーバータンク直径計測の写真

ノギス出すほどでは無いですが、一応しっかり中に突っ込んで直径を見ておきました。
直径は49.1mmの様です(ざっくり50でいいかな笑)

高さはだいたい130mmの様です。

作業内容は小学生の図画工作みたいなものなんでざっくりです笑

まずは加工がしやすいようにプルタブのついてる上面をカットしていきます。
P_20170623_152957_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
アルミ缶加工中の写真

後はバツバツ縁にそって切っていきます。
※切った部分は非常に鋭利なので怪我に注意します!

P_20170623_155751_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
アルミ缶暫定加工の写真

とりあえずこのような形でカットしました。 早速仮組みしてみます。

P_20170623_174733_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
モンエナ仮組みの写真

悪くはないけど。。。。と言ったところでしょうか笑

錐状になっているところがよろしくないのと、リザーバータンクの固定位置の関係で上まで被せられなかったのが要因です。

嘘つきましたごめんなさい!


ということで再度加工していきます。。。。。がニッパーはもう面倒なので、ハサミを使うことにします!!!!(ハサミも必要になりました)
P_20170623_181325_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
100円ショップのハサミの写真

大抵のハサミはアルミ缶程度なら切れますので、特殊なハサミを用意することは無いです。

ということで、不要な部分をハサミで切り落とし、このような形にしました!
P_20170623_191635_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
モンエナ加工後の写真

ハサミのほうが綺麗に加工出来てますね。。。。笑

P_20170623_191740_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
モンエナに両面テープの写真

後は缶の内側に両面テープを貼り付け、WRに装着です。

いよいよ装着!!!


その前に、粘着力の弱い両面テープなので、リザーバータンクの清掃をしておきます。
P_20170623_174201_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
リザーバータンク掃除中の写真

表は綺麗なのですが、裏側と底面はチェーンオイルの汚れと思いますが、結構汚れていました。 ボロ雑巾とパーツクリーナーで落とせますのでしっかり汚れをとっておきます!

後は加工したモンエナを貼り付けて。。。。。。。

P_20170623_211836_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
ワンポイントカスタム(モンエナ)の写真

いやぁ付きました!!!! 先ほどの不格好さはなくなりましたね笑

最初は緑のモンスターエナジーをつけようかと悩んでいたのですが、シュラウドやサイドカウルをわざわざ白にしていたので、白のモンスターエナジーにしましたが正解でしたね!!!

kawasakiのKLX250のライムグリーンのカラーやWR250Xのブラックなんかだと緑の方がよく似合うと思います。

簡単な作業でカスタム出来る内容なので、是非試してみてください笑


帰れなくなってからでは遅い!!


DSC_0017
Phot by Yuk1だーるま
林道への入り口の写真

WR250Rの納車当日から林道を走りに行ったYuk1だーるまです!

林道を走るよりガレ場(大きな石がゴロゴロしてるようなとこ)を走るほうが好きなのですが、さすがにそういうった場所を走るのは控えていました。

というのも、その手の大きな石をフレームにヒットさせれば凹みますし、最悪クランクケースなんかにヒットさせて割ってしまったりすればもう自走して帰ってくるのは無理です。。。
P_20170531_190928_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
重要な部品位置の写真

皆大好きJAFを呼ばないと帰れません。

取り付けは10分も掛からない!


というわけで買いました!


P_20170620_115123_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
樹脂のアンダーガードの写真

というわけで早速装着していくのですが、WR250X/Rには標準でエンジンガードが装着されていますので、こちらを外していきます。

P_20170620_115231_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
エンジンガードの写真

取り外し方は簡単で写真の六角ボルトを外すだけで取り外しが出来ます。 左右に付いているのでそれぞれ取り外します。

強いていえばこの六角ボルトを外すときはスパナやモンキーでは工具が入らないのでボックスレンチが無いと難しいかもしれません(難しかったです笑)

後は上の写真の取り付け穴部分に、六角ボルトをアンダーガードを挟み込みながら締め込んでいけば完了です。
P_20170620_115943_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
アンダーガードの写真

固定箇所は合計で4箇所なので裏側もとめていきます。
P_20170620_115951_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
アンダーガードの写真2

以上です笑

WR250Rに限らず、オフロード系、モタード系はこの手のアンダーガードがオプションパーツで純正でも多く販売されているので是非とも付けて頂きたいOPですね。

林道じゃないけど少し走ってきたよ!


P_20170620_234908_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
川崎工場地帯夜景の写真

自宅からそう遠くない位置に川崎工場地帯があるので、行ってきました!!

スマホのカメラでは伝えきれない景色があるので是非是非工場夜景を見てください!特にスチームパンク好きな方はオススメですよ!!!!

ちなみに場所はこちら!



またちょっと移動して船着場のようなところに停めて撮ってみました!
P_20170620_230425_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
バイクと工場夜景の写真

この船着場の地図はこちら!!


やはりアンダーガードとハンドルガード付けるだけでもトレールバイクからエンデューロバイクの雰囲気に近くなりますね!!

バイクとは関係無いですが、やはり三脚がほしいなぁとも思いましたね。露光時間長めにしてあげれば撮れなくもないのは分かったけど、それでもやっぱり撮像素子の小さなスマホカメラだとこの手の暗い場所は難しいですね。編集しても私の技量ではこれ以上明るく出来ない笑

ちなみにオートで撮った写真がこちら。
P_20170620_231330_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
バイクと工場夜景の写真2

もはや何も見えない笑

この写真の場所に付いた時、青い綺麗なバイクの写真を撮ってる方にお声を掛けて頂きました笑 わざわざ撮影場所まで譲って頂いてありがとうございました!(見てるかな?)

自分から話しかけに行くことは有っても話しかけられたのは初めてだったのでびっくりですね笑

皆さんは自分に合わせたバイクでどこに行きます?

意味有るんですよ!ハンドルガードにもしっかりと!


P_20170620_120347_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
ハンドルガードの写真

オフロードバイクとかモタードバイクとか、アドベンチャーバイクにドレスアップ目的で付ける方が多くいらっしゃる様でこのハンドルガードが車でいうところのGTウィングみたいな扱いをたまに受けることが有りますが、林道を走りに行く人にはとても重要なアイテムなのです!!

予期せぬ転倒時のレバー保護

転けない人には関係のない話ですので大丈夫です。

1番効果の有るものはこれでしょう。 自走して帰ってこれなくなる要因の中にレバーの破損が多く有ります。 私のバイクはインジェクションなので最悪クラッチレバーが折れても自走できますが、キックスターターで始動するバイクはそのままレッカーですからね。

走行中の木の枝衝突防止

すり抜けが上手な人には関係のない話ですので大丈夫です。

林道というかもはや雑木林の中で木々の間を縫う様な走り方をしていると、そのうち大きな幹なんかがレバーに衝突して。。。。ということになります。

クラッチレバーにぶつかる分には良いですが、ブレーキレバーにヒットさせようものなら宙返りですからね。。。笑

ハンドルが当たる分には枝が折れるんだけど、レバーに当たるとバイクの挙動が変わるというのが困るので、付けます。まぁ、そんな状況だと手も中々に痛い状態になっていますが。。。

風防としての役割

手が温かい人には関係のない話ですので大丈夫です。

ツアラーバイクとかアドベンチャーバイクには元々ついてることが多いですね。 冬に限らず、肌寒い時に風を受けながら走っていると、いくらグローブをしているとはいえ、手先が冷えてきますね。

冷たい風から手先を守る意味合いも有って、ものによってはしっかり空気の流れを考えて作ってあるものが有ります。

うんちくを垂れ流したところで取り付け作業に入ります!


今回取り付ける事にしたハンドルガードはこちら!
見た目がかっこいいから付けるんじゃないぞ!という自分への戒めも含め笑、デザインはシンプルなもので周りについてる樹脂は割れることを前提にして上のハンドルガードを選びました。

ちなみに後ほどご説明致しますが、このラッキークローバーのハンドルガードに付属しているネジだけでは取り付け出来ないのでこちらのネジも用意しましょう。


いやぁ、ZETAのハンドルガードとか確かにかっこいいんだけど、下の画像の白いプラスチック部分だけで良いお値段しますからね。 お高い消耗品にはしたくないですからね。。。。


P_20170620_120401_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
ハンドルガードの写真2

デザインは一応されている様な感じです笑 この商品、アマゾンでの口コミは「値段相応」という内容に尽きるものです。

具体的には「ネジが長すぎて固定できない」「バーエンドで固定するためのアンカーを止めるネジが柔らかくて信用できない」「途中までタップが切られているものの、固定できるところまでタップがない。」など。

私の回答「うん、ネジは適当なものを買ってくれば良い。」

ポン付けしたい人には向かない商品で有ることは間違いないですね。 ポン付けしたい人は素直にZETAのカッコいいハンドルガードを買いましょう!

さておき、WR250R/Xに関して言えばそもそも、ポン付けは出来ないのでD・I・Yで作業を進めて行きます。(なんかの時にD・I・Yは度胸・勢い・ヤフオク略だと教えられました。皆さんも是非DIYしてください!)

具体的にはWR250R/Xの純正スロットルチューブの端っこはこんな風になっています。
P_20170620_111455_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
WR250Rスロットルチューブの写真

しかし、ハンドルガードのアンカーはこのようになっているので、物理的に入りません。
P_20170620_121306_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
ハンドルガードのアンカーの写真

人によっては電動ドリルで拡張した人も居るようですが、Φ17mm程度のドリルは早々売ってないですし、有っても17mmのドリルをつかむためのチャックを別途容易しなければなら無さそうなので私はリーマーという工具で大きくしました!

P_20170620_111545_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
リーマーの写真

大概の工具は売ってしまったのに何故かこれは自宅に保管してありました笑


樹脂やアルミ、真鍮の材料に対して元穴が既に開いている状態からならドリルを何本も用意する必要が無いのでオススメです!

とまぁ、削った感じだと、硬めの樹脂で割れやすい感じがするので力任せで削ることだけはしないようにしましょう!
(力任せにやって割れたらハイスロットルに変えた人が出品してる純正品をヤフオクで落としましょう笑)
P_20170620_111621_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
スロットルチューブ加工中の写真

右周り(時計回り)で回すと削れていきます。 下が削り終わった後の写真です。相変わらず丸いまま拡張が出来ないですね笑
P_20170620_112338_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
スロットルチューブ加工後の写真

ここまでの写真で既にお分かりだと思いますが、加工する際にグリップをはずさなければならないので、基本的にグリップ交換をする時に一緒に加工するのが良いですね。

一応仮組みをしようと組んでは見たものの、本当にネジが長すぎて仮固定すら出来ない笑
P_20170620_121122_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
ハンドルガードマウントの写真

こいつですね。
P_20170620_121200_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
ラッキークローバーのハンドルガードに付属しているネジの写真


ネジ部の長さが24mm。 なんか中途半端ですがそんなもんなのかな? 目測で10mmは不要と判断したので近所のドイトまでネジを買ってきました。

ネジの規格と必要な長さが最初から分かればamazonでしたが、不明だったのでこのような形に。。
P_20170620_154121_1_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
別途購入のネジの写真

長さが長すぎて使えなかったがM6の方で、M8の長いビスはアンカーを固定する時に使用するネジが非常に柔らかかったのでこちらも別途購入。正直M8の方はそのままでも良かったかもしれないですね。

後は各所ネジを取り付けて完了です(また写真を撮り忘れましたので後日別の場所で撮影)

P_20170622_224903_vHDR_Auto
Phot by Yuk1だーるま
WR250R前からの写真

カッコいいオフ車で林道を走りに行きたいと思ってる皆さん、自分の為にもぜひハンドルガードを装着して楽しく走りに行きましょう!

一番触れている時間の長い場所だから


P_20170620_110453_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
ハンドルグリップの写真

皆さんこんにちは!Yuk1だーるまです!

納車時からずっと気になっていたこのつるっつるのハンドルグリップ笑 でもこのグリップ実は殆どすり減っていない状態としってびっくり笑

新品でこの状態なんですよ。
hirochi_4gy-26241-00
出展:【メーカー在庫あり】 4GY-26241-00 ヤマハ純正 グリップ 左
純正ハンドルグリップの写真

リブというかそれが最初から無いのです。 「こんなにハンドルグリップすり減らしてゴムとしての痛み具合が無いのは大切に乗られていたって事なんだろうなぁ」なんて思っていたのですがそうでは無いようです笑

グリップが滑るわけでは無いのですが、やはり気になってしまうものです。


ハンドルグリップは種類が沢山!選ぶ時の注意点は?


かっこいいハンドルグリップやシンプルなハンドルグリップ、振動吸収ハンドルグリップなど色々有りますが、選ぶ時に注意点がいくつか有ります。

ハンドルバーの直径に注意


まずはハンドルバーの直径の違いによる違いです。

日本メーカーの殆どは直径22.2mmのハンドルバーを採用していますが、ハーレーダビッドソンなどのアメリカンバイクは25.4mm(1インチですね)のハンドルバーを採用していますので、自分のバイクがどっちのサイズなのかを調べておく必要性が有ります。

こういう部品を取らないと調べられない様な物を計測する時にとっても便利なものが有ります(というかそれ以外でも非常に役に立つ物なので買って損は無い!!というかこれ無しでの生活は難しい!!!笑


工業系の人やものづくりに携わる人はもうおなじみのノギスですね! これがあれば大凡のものは計測出来ますので工具箱に1つくらいな勢いで持ってると安心します笑

ちなみにWR250R/Xの純正ハンドルは22.2mmでした。

貫通型と非貫通型に注意


読んで字のごとくでは有りますが、ちくわの様に穴が貫通している貫通型です。ちなみにWR250R/Xの純正ハンドルグリップは非貫通型です。

逆にYZF-R25とかNinja250などのオンロードバイクはハンドルバーの両端にバーエンドと呼ばれる物が付きますので純正で貫通型です。

社外品のオプションパーツでこういう物をハンドルの両端に付けることが出来ます。


あと、注意して欲しいのが純正が非貫通型だったとしても、今後ハンドガード(レバーガードやらハンドルガード、ナックルガードなど名称色々。。。笑)等を付ける予定が有る人は貫通型にしておいたほうがよいかもしれません。

早速交換作業!!


選ぶべきグリップが決まれば後は作業するのみ!ということで、他社のハンドルグリップに交換することにしました!

用意するものはこちら。

P_20170620_110437_vHDR_On
Picture by Yuk1だーるま
グリップ交換に必要な物の画像

写真にも有りますが、バイクのハンドルグリップを交換するのに必要なものはこちら。
全部アマゾンで買えるというのが嬉しいですね笑

1:パーツクリーナー
パーツクリーナーに関しては無くても大丈夫です。有ったほうが作業がしやすくなります(友人のグリップ交換を手伝だった?の時は使った覚えが無いですね笑)

2:ハンドルグリップ
お値段が安いというのと、純正の模様に似ているという理由から選びました! 派手なパーツを付けても良いのですが、盆栽にしてしまうのは嫌だったのでそれっぽいものを笑

3:グリップボンド
多用途の接着剤系なら何でも良いと思います。 要は滑らなければいいのです。がっちり溶着されても次の交換が大変なのです。

4:カッターナイフ
ご自宅に有るカッターナイフで大丈夫です。私はこのスリムで軽いオルファのカッターが使いやすいので日常的にこれを使っています。

道具も揃ったので交換作業に移ります。

1:付いているグリップを外す

P_20170620_110612_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
ハンドルグリップカット中の写真

こんな感じでカッターでハンドルグリップを真っ直ぐに切っていきます。

P_20170620_110709_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
ハンドルグリップカット中の写真2

ここまで切れたら後は引っ張れば抜けます。

P_20170620_110739_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
ハンドルグリップ除去後の写真

右側のスロットル側も同じように切っていきますが、スロットルチューブと呼ばれる樹脂製のチューブが中に居ますので、ハンドルグリップを切る際にあまり力を入れ過ぎないようにしましょう!!

P_20170620_111018_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
ハンドルグリップ右側カット中の写真

接着剤を塗って押しこむ!

P_20170620_112936_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
グリップボンドの写真

新品なので穴を開け、こんな感じでハンドルバーに塗っていきます。

P_20170620_113022_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
グリップボンドを塗布した写真

あんまりベタベタ塗らなくて大丈夫です。というより、余ってしまった接着剤の逃げ道は無いので、多く塗るとスイッチボックスに接着剤が付き、取る時大変です。

P_20170620_112513_vHDR_On (1)
Phot by Yuk1だーるま
ハンドルグリップの写真

※注意

ハンドルグリップには左右が有りますので要注意! 中の穴が大きい方が右(スロットル側)で小さいほうが左になります。

ゴムグリップだけならこんな感じで潰すと硬さが違います。 硬いほうが肉厚なので左側になります。

P_20170620_112539_vHDR_On (1)
Phot by Yuk1だーるま
ハンドルグリップの写真

後は左右それぞれにはめていくのですが、ハンドルグリップの中にパーツクリーナーを吹き付けてびしょびしょにしておくことで、歯を食い縛りながらハンドルグリップと戦わなくて済みます!!(ハンドルグリップの種類によってはゴムハンマーで叩かないと入らない場合すら有りますので、パーツクリーナーは有ったほうが良いですね!)

P_20170620_113226_vHDR_On (1)
Phot by Yuk1だーるま
ハンドルグリップはめ込み中の写真

パーツクリーナーを吹いてからはスピードが大事なので写真は撮っていません(撮り忘れました

てことで両方共交換が完了しました!笑

交換作業の時間はどのくらい?


写真を撮りながら進めていたので15分位かかっていますが、作業内容が分かっていれば10分掛からない作業時間でしょうか。

工具もカッターだけで済む作業なので持ち物もあまり無いですし。

どちらかというとハンドルサイズを調べたり、お気に入りのハンドルグリップを探すほうが時間掛かっていましたね笑

例えばこういう原色のハンドルグリップとかの誘惑も有りますし笑


身近な消耗品なので是非是非、皆さんも交換しましょう!

今やスマホナビ必須の時代!


gahag-0117062292-1
出展:GAHAG
スマホと風景の写真

私は割と地図を眺めるのが好きなのですが、いざ外に出て知らない地域に出ると「やべぇ!ここはどこだ!」になります。。。。。

そんな時!現在地を表示し、行き先を設定してしまえば目的地までのルートを表示して案内までしてくれて、無くてはならない存在!!

しかし!!スマホでナビをすると非常に電力を消費するのです。。。。 皆さんも経験が有りますね?笑

(スマホ充電しながらバイクの運転ができたら良いのに。。。。)と思い始めますよね?笑

そこでよく有る組み合わせが多分こんな感じ。

このスマホ固定アダプターと

バイク用のUSB電源装置。

大抵は(もうスマホマウンタ持ってるからUSB電源だけ買えばいいかな)という理由からこの組み合わせになるのですが、ハンドル周りが騒がしい!!

バーハンドルのバイクはまだスペースがあるけど(とは言ったものの、オフ車もバーパッドつけたらスペース無いな。。)セパレートハンドルのバイクなんか固定するスペースほぼ無いですからね!

そんな狭いところに2個もスマホで場所を取られたらいよいよ他のオプションが取り付けられなくなる!(バイク用のカーロケとかドリンクホルダーとか。。。)

そんな省スペースな空間にはこれが良い!


この商品、とても、良いです。。。。。。

そもそも原付きの様にハンドルバーが見えない(グリップのみ出ている)ようなバイクの場合、そもそもそバーに固定できませんが、このスマホアダプターにはハンドルバー固定用のマウンタとミラーステーに固定するためのマウンタが付属しています!

そして先述の通り、USB電源も欲しいですよね?!

P_20170606_182702_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
スマホホルダーUSB電源の写真

もちろんついています! 電気関係が難しくてよくわからない人でも、バッテリーに直に繋いでもバッテリーあがりを起こさないように小さなスイッチがついていますので、使わない時はOFFにすればバッテリーあがりを防ぐことが出来ます!

そして、このスマホアダプターの良い所は、スマホのサイズを選ばない!というところ。

iPhone用とか記載の有るものだと(どのサイズのiPhoneだよ。。)となりますが、これはスマホのサイズに合わせて調整することが出来ますので、機種変をしても使うことが出来ます!

早速スマホのナビで出かけてきた!!!


P_20170606_140406_vHDR_Ongimp
Phot by Yuk1だーるま
有間ダムとバイクの写真

都心からそう遠くない位置にあるものの、方向感覚だけでは向かうことが出来なかったのでスマホナビで移動しました!

P_20170606_140614_vHDR_On-EFFECTS
Phot by Yuk1だーるま
有間ダムの写真

うーん!癒やしの空間!!

周辺にもワインディングロードが多く、ぷちツーリングには最適な場所!!

P_20170606_143013_vHDR_Ongimp
Phot by Yuk1だーるま
有間ダムとバイクの写真

景色を眺めながら走るというのは良いですねぇ!

すぐというほどでも無いですが、ちょっと行けば有名な奥多摩湖(小河内ダム)が有ります!

都心で30kmの移動となると結構な時間がかかりますが、信号も殆ど無く、快適に走ることの出来るこの地域ではひょいひょいと行けます笑

あ、そうだ!この有間ダムと小河内ダムを行き来するときに使う道の途中には温泉宿が多く、疲れを癒しに来る方も多く見られました。

ざっくり上げていってみます笑

さわらびの湯 ハイキングをしてる方にも人気のスポットなようです!(ちなみに車もバイクも駐車料金無料!)

名栗温泉 大松閣 宿泊施設で風情有るお部屋と美味しい料理が楽しめるようです! 少し時期が過ぎてしまったかもしれませんが、蛍の鑑賞が出来たりもするようです!(こちらも駐車料金無料!)

松乃温泉 水香園 こちらも宿泊施設で、泊まる部屋から多摩川を望む事が出来る様です!ちなみにバイクや車を持っていない方でも、JR川井駅(googleマップが開きます)から徒歩10分で行ける距離にあるので、散策がてら浸かるのも良いですね!!

奥多摩温泉 もえぎの湯 登山客に親しまれている温泉の様です。 こちらも駅から近いため、登山を終え、温泉に浸かり、しっかり寝て翌日電車で帰るというプランが作りやすいですね!

うん、ぷちツーリングには豪華すぎるくらいの温泉のラインナップが有りました笑

さぁさぁ!皆さんもこの週末にお出かけしましょう!


もう新車では買うことの出来ないバイク


P_20170524_165452_vHDR_On-EFFECTS
Phot by Yuk1だーるま
比良の丘とWR250Rの写真

はい!バイクを買いました!

実は3月下旬に(そういえば小学生の頃に行きたかった奥多摩湖行けてないなぁ。。)なんてふと思って、また自転車を買おうかな?と考えていたのですが、どうせお金を掛けるならもう少し?だしてバイク買うか!と決めました。

ただ私の場合は自動二輪の免許はおろか、普通自動車の免許すら持っていなかったのでまず免許でした笑

なので普通に仕事をしながら自動車学校に通い、並行してバイクを検討していました。

4月下旬にはWR250R(外観で言うとモタードではなくオフロードのタイプ)というバイクが欲しい!と思ったので早速レッドバロンへ!(レッドバロンでも新車を買うことが出来るんですよ!)

しかし!私がレッドバロンへ足を運んだ日には既にWR250Rは生産終了が発表されており、同時に注文も厳しい状態でした。。。

また、この車種は手放す人が少なく(正しくは手荒い使われ方をして壊れるまで乗る人が多い。オフ車らしい理由)、ノーマルで出てくることは少ないことは知っていたのでもんもんとしていると「中古ならうちに1台在庫有るけどみる?」と言われ見てみるとブルーのドノーマルがそこに有りました!!

しかも走行距離も1万いっていない状態で!(こりゃ買うしか無い!)と思い即決

P_20170526_230025_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
バイクのキーの写真

なんというか結構な金額の取り交わしなのに全く持って実感が沸かないのが怖いですねぇ笑

WR250Rと言う車種を選んだ理由・・?


P_20170524_165247_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
比良の丘とWR250Rの写真

レッドバロンの店員さんから「昔もそうだったのかもしれないけど、若い人達はなんとなくバイク乗りたくて、自分がどんなスタイルのバイクに乗りたいかすら分かってない状態でお店に来ていろんなバイクを見て「こういうのがいい!」って決めてく事が多い中で、オフ車でも有名で手頃なセローとかKLXとかではなく、WRって言うのは確信犯だよね?笑」

バレた笑

実は公道では無いところでヤマハ セロー250とスズキRMX250に乗ったことが有ります。(免許持ってなくても私有地なら乗り回して良いんですよ!もちろん私にはそんな乗り回せるほどの土地は持ち合わせていませんが!)

乗る前に「セローの方が扱いやすいからまずこれ乗ってみようか」と言われ運転した時(えぇ、ひねってからこんなに遅れて動作する物が扱いやすいなんてあの黄色いのはどんなに乗りにくいんだろう。。。。。。)っていうのがセローの第一印象。

その後に乗ったRMX250を運転した時は(おぉ!ギア変えるのはなんか難しいけど、エンジンの反応がモーターみたいな反応だしこれの方が扱いやすいよ!乗り始めたら重さあんまり感じないし!でも座り心地はセローの方が良いな。あとうるさいなこれ笑)という印象。

当時はバイクに興味は無く、用語もわからなかったのでこんな印象でしたが、いわゆるスロットル操作に対してのエンジンレスポンスが早いと私は扱いやすいと感じていたようです。

そんなこともあってどんなバイクを買うかを検討している時にもちろんRMX250も出ては来ましたが、エンジンオイルとガソリンを混合させたり、メンテナンスがシビアだったりという点で維持でき無さそうと言うことで断念。

次は見た目から好きなKTM。 しかしこれもベース車が競技車なので繊細なエンジンであったり、パーツ代がお高かったりと維持が難しい。

すると「1:メンテナンスの頻度が少なく 2:競技車に近い設計コンセプトで有り 3:国産車で有ること」が条件に。

となればだいぶ絞られる。

Kawasaki KLX250


例えばこのKLX250。 これなんかしっかり3つの条件が当てはまる。

Kawasaki_KLX250_2009_06_1024x768
出展:wallpaper
kawasaki KLX250の写真

上の写真からも分かるように非常に楽しそうなオフ車である! 見た目も近代的なヘッドライトにメーター類もオフ車にしては充実している。

そして何より綺麗なライムグリーン! ワクワクするカラーリングですね!

またkawasakiからアパレルやカスタムパーツも出ており、メーカーからカスタムを楽しんで欲しいという意図がしっかり見て取れる1台!

YAMAHA WR250R


そしてもう一台、そうWR250R。

WR250Rカタログ
出展:YSP大濠オリジナル『オフロードスターターパック!!! 』登場!!!
WR250Rの写真

公式で出されていた画像がこれである。。。。

画像のライダーが装着しているアパレルから見てもラフな感じは一切なく、スポーツ全開なイメージ。 セローの様なゆったりした雰囲気は全く無い。

それでもこの画像をみて「おぉかっこいいなこれ!」と一目惚れ笑

wr250r_gallery_002_2016_002
出展:フォトライブラリー:WR250R - バイク・スクーター | ヤマハ発動機株式会社
WR250パープリッシュホワイトソリッド1の写真

オフ車なのにこのカラーリング! どうですか!笑 白ベースに金というのがあまり見ないカラーリングですし、一番のお気に入りはシートやマフラーの角度!! トライアルバイクの様に後方上方に伸びるこのラインは素晴らしいですよ!

条件だ何だと書きましたが最後は好きになれるかどうかですよね!笑 私はこのスタイリングに惚れてしまったのでこれに笑

ちょっと重たい自転車?


IMG_20131102_121508
Phot by Yuk1だーるま
都立狭山公園と自転車の写真

そしてWR250Rを無事にゲットし、早速乗ってみた感想が「ちょっと重い自転車のような感覚で乗れるなこれ。バイクバイクしてない。。。!」

教習所で使用するホンダのCB400SFKが基礎となっている状態からWRに乗るとそんな感じで乗れます笑

また、初めての自分のバイクということもあって楽しいということは間違いないのですが、シフトチェンジがすごいスムーズ! 教習車はドラムを叩く様な感覚でシフトペダルを操作しないと変速出来なかったのに対し、これは少しの力で操作するだけでスコン!と変速してくれます。

話が少しそれますが、友人がホーネット250に乗っているので、少し運転させてもらったのですが、やはり「あ、これはバイクだ!この鉄の塊に乗ってる感じがしっかりする! バイクってこういうものだよな!」と感じました笑

見方を変えれば、一般的なバイクに比べ軽いので、風に煽られやすいことや、ラフなクラッチ操作やスロットル調整をすれば途端に不安定な乗り物とも言えますね。

ラフな操作は許さず、荒々しい加速感!!


Screenshot at 2017-05-31 09-56-21
Phot by Yuk1だーるま
走行時の写真

スロットルをラフに操作すればフロントタイヤは簡単浮き上がりますし、ブレーキもしっかり止まるので(特にリアブレーキ)割と簡単にロックします。

難しいかといえばそんなことも無いです。 スロットル操作に対して忠実なレスポンスと、スロットル開度によって変わるトルクも操作した分だけ得ることが出来ますし、ブレーキも同じように操作した分だけ効きます。

ライダーに対して非常に忠実な動きをするように設計されたバイクなので、ライダーが間違った操作をすればバイクも間違った操作に忠実に動きます!!

なのでバイクを乗り始めたばかりの人でも悪路であれば簡単にホイルスピンさせることも出来ますし、リアタイヤをスライドさせることも出来る。。。!! 楽しい!!

ライダーの注意力が切れてくると非常に扱いにくいバイクと言うのだけは間違い無いので、こまめに休憩をしましょう!!(休憩大事ですよ!!)

WR250Rで辛いところは?


_SL1000_
出展:amazon
さちの桃の写真

おしりが。。。。


もうこれはWR250Rに限った話では無いですが、おしりが痛い!!

座面が細く、股間に圧力が掛かるような形をしているのです!!

もちろん、この手のオフ車乗りがドMだからこんな形をしているのでは無いですよ?笑 オフロードバイクの場合、スタンディングポジションで重心移動を頻繁に行うため、座面が広く取られてしまうと体の重心移動が難しくなってしまいます。

そのため、座面を小さくし体重移動を容易にしてるのですが、「イスなんておまけだよ?」くらいの設計なのでまぁ痛い笑

座り方を変えたり、クッション挟んだりする必要性がありそうです。


こんがり肉の出来上がり


2
出典:【USJ】 こんがり肉 | 幻夢の孤独な日記 - 楽天ブログ
こんがり肉の画像


なんのこっちゃと思うでしょう。 私もそうでした。 乗るまでは。。

水冷エンジンには必ずラジエーターと呼ばれる物がついています。 (エンジンを冷やす水→水を冷やすラジエーター) このラジエーターのおかげで安定性の高いエンジンが出来るのです。

が、このラジエーター、WR250の場合は乗車した時のちょうど右膝の前に付いているのです。。。。 つまりですよ、走行風が断続的(信号が多い地域や渋滞など)なところではラジエーター自体の温度が上がり、走り始めた頃には右足こんがり肉ですよ笑

ヒートガンを複数個束ねて体に向けて熱しているような熱さ! 加えて右足部分にはエキゾーストパイプが通っていることもあって、熱の手からは全く逃げられない。。。。

ライダースパンツを着れば少しは防げるのかな?・・・


総じてどうなの?


P_20170531_190928_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
WR250Rと都心の風景写真

刺激的な加速感や安定したコーナリング。

走り始めた時の軽快感や安心感。

この感覚をオフ車で求めようとしたら競技車になりますが、このWR250Rは競技車の感覚を市販車でというコンセプトで作られています。

なので、フロントフォークやリアスイングアームの減衰の調整、転倒でよく破損するステップやシフトステップは可倒式。

ハンドルにもバーパッドが付けられるように細いバーがついていますし、ホイールもビードストッパーが取り付けられるタイプのホイールを採用しています。

競技車を公道で走れるようにするには大変な労力とお金がかかりますが(競技車に保安装備なんて付いてないですし、ましてや連続長距離走行に対して異常に弱い)、これなら競技車のフィーリングで公道を走ることが出来るのです!

YAMAHAが公道で走れるWR250Fというコンセプトで作っているのですから当然ですね!

「オフロードを快適に走行するバイク」ではなく、「オフロードを攻め込んで走るバイク」というのがこのWR250R。

砂けむりを上げながらガンガン突き進む楽しさはまず他では味わえないですね笑

さぁ皆さんもオフロードマシンに乗って木漏れ日の中を清々しい気持ちで走りましょう!!



野川公園を出発!



P_20170427_143634_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
東八道路の写真

休憩を終えたので野川公園を出発し、武蔵野森公園に向かいます。 とは言うものの、野川公園は東八道路が公園内を突っ切る形で通っているのでしばらくは野川公園内です笑

歩道橋をわたって北地区に入り、スロープを降りるとこんな風景が待っています。
P_20170427_144025_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
野川公園北地区の写真

コンクリートの上で見るカラスとは全く違うのびのびしたカラス達が居ました笑 随分雰囲気が違うものです。

しばらく進むと綺麗な風景が見渡せるベンチが有ります。
P_20170427_144156_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
野川公園北地区ベンチの写真

画になりますねぇ。
P_20170427_144527_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
野川公園北地区の写真2

こちらも画になりますねぇ。 美しい公園です。

武蔵野公園に向かってしばらく歩くと小さな脇道が出てきます。 するとこんな小さな線路下トンネルが出てきます。

P_20170427_144852_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
西武多摩川線高架下の写真

このトンネルを抜けて少し歩くと武蔵野公園の入り口が左手に有ります。

武蔵野公園に到着!!


ということで到着しました!
P_20170427_144954_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
武蔵野公園案内図の写真

この武蔵野公園も大きな公園です! 野川公園が三鷹市で武蔵野公園が府中市だったかな? この辺の地域は緑が多いので、お子さんが居る方にはオススメな地域かもしれませんね笑

知人の2児のお父さんも「小金井は電車の車庫があるから子供喜ぶし、一通りの病院も有るし、大きな公園もあって、イオンもあるし、子育てはいいところだよ、俺は疲れるけど笑」っておっしゃってましたね笑

お散歩から話がそれました笑 この案内図を見てから少し進むとこれまた綺麗な風景が有ります!
P_20170427_145036_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
武蔵野公園の写真

近所にこれだけ綺麗な場所が有るというのはやはり良いものです。
P_20170427_145448_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
武蔵野公園木々の写真

写真では中々伝えられないものが有るのでぜひこれは実際に見に来て頂きたいです!

武蔵野公園横に通るはけの道


ちなみにこの武蔵野公園横には「はけの道」と言う道が沿って通っており、このはけの道に繋がる道や道脇にあるお店が結構綺麗で歩いていてとても楽しいです笑

例えばこのムジナ坂。
P_20170427_150208_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
ムジナ坂の写真

とても風情ある坂だと思いません?(もはや階段ですが。)

更にはけの道国分寺方面へ進んでいくと左手にこんな道が現れます。
P_20170427_150507_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
はけの小路の写真

ちなみに後で調べて分かったのですが、どうやら映画「借りぐらしのアリエッティ」のロケ地らしいですね笑 私はまだアリエッティは見ていないのでどのように使われているかを確認してみようと思います。

このはけの小路を背にして見るとはけの森美術館とはけの森カフェが見えます。
P_20170427_150522_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
はけの森カフェ入り口の写真

この辺り一帯が本当に風情ある風景ばかりでどこにレンズ向けて良いものか悩みます笑

P_20170427_150548_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
はけの森カフェ入り口の写真2

P_20170427_150606_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
はけの森カフェ入り口の写真3

ここまで見に来て入らないなんて貧弱すぎるメンタルが露呈した感じですね。。 せっかく見つけたお店なので次は入ろうと思います!

更に国分寺方面へはけの道を歩いて行くとこんなものを見つけました!
P_20170427_151105_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
郵便ポストの写真

今でもこの丸くてかわいいポストがしっかり使われているんですよね笑 少し廃れた感じがお気に入りです。

このポストから少しだけ歩いたところに気になる路地を見つけました。
P_20170427_151218_HDR
Phot by Yuk1だーるま
はけの道の路地の写真

なんとなく雰囲気があったので入ってみると当たりでした!
P_20170427_151239_HDR
Phot by Yuk1だーるま
路地の写真

どこか懐かしい雰囲気がある道になりました! ちなみにこの左手ははけの森緑地と言う場所らしいですね。
P_20170427_151251_HDR
Phot by Yuk1だーるま
はけの森緑地看板の写真

雰囲気だけで入ってよくもまぁこんなところを見つけられたなと自分で思います笑

後はこの階段を登るともう武蔵小金井駅近くになります。
P_20170427_151309_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
はけの森緑地脇階段の写真

まるで青春のワンシーンを切り取った様な風景で切なくなります。

以上でYuk1のお散歩 in 小金井でした!!


お散歩のお供


↓*今回のお散歩のお供はこちら!*↓

-*-*写真撮影*-*-
以前はコンデジを持ち歩いて居たのですが、このスマホを買ってからあまり持ち歩かなくなってしまいましたね笑

瞬間的な写真等はコンデジのほうが優秀ですが、持ち歩くことを考えてしまうと私には優位性をあまり感じられなかったのでスマホオンリーですね笑

-*-*水筒*-*-
水筒って持ち運ぶのは良いけど、洗うのが面倒なんですよね。 でも、このいかにもスポーツドリンクを入れそうな水筒はペットボトルの蓋を大きくしただけのような機構なので、つけおきしたり分解したりという手間が無く、三日坊主な私でも水筒生活を持続しているのでオススメです!

また、ただのプラスチックなので軽く、持ち運びやすいです。 あと、専用の保温カバーがあるので合わせて使うと鞄の中で結露したりせず、快適に使えます!
それではみなさんもいざ、お散歩へ!


たまにはこんな記事も良いかな?


P_20170427_150507_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
はけの小路の写真

先日、用事があって小金井市をあちこち行くことになったので、歩きまわることにしてみました!

出発地点は東小金井駅で到着地点は武蔵小金井駅なのですが、府中、調布方面まで歩きまわったので、(距離確認)も歩き回っていたようです笑

気になったところや美しい風景の場所だけ写真をとっているので断続的な流れになりますが、ご了承を笑

それでは早速出発です!

いきなり新小金井駅周辺!



P_20170427_121428_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
西武多摩川線 新小金井駅に繋がる道の写真

もう綺麗にみどりになっていますね。 ここの道は季節ごとに景色をガラリと変えるのでお気に入りです!

桜が咲いている時の写真を撮り忘れてしまいましたが、桜の時期には桜のトンネルが出来ていますので散策には持って来いの場所です。

あ、ちなみにASUS Zenfone3に搭載されているエフェクト撮影をしてみるとノスタルジックな感じに!
P_20170427_121451_EFF
Phot by Yuk1だーるま
西武多摩川線 新小金井駅に繋がる道の写真(エフェクトバージョン)

インスタにもアップできそうな写真ですね笑

ここから歩いて3分も無い場所に西武多摩川線新小金井駅が有ります。 実はこの西武多摩川線に今まで乗車したことが無かったのですが、この機会に乗ってみる事にしてみました!

で、この西武多摩川線、撮り鉄で無くても思わず写真を撮りたくなってしまう様な場所がいくつかあったのでご紹介!

P_20170427_121834_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
踏切からみた新小金井駅の写真

この写真を撮影した場所は踏切なのですが、前方にもうひとつ踏切が有ります。 実は写真中央に写っている踏切は駅構内でして、右側のホームに行く場合はこの駅構内の踏切を使って移動します。

なのでこんな間近で電車を撮ることが出来ました!
P_20170427_121938_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
西武多摩川線 武蔵境行き電車の写真

この角度からは見ることがあまり無いので大きく感じますね笑

P_20170427_121946_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
西武多摩川線 武蔵境行き電車の写真2

駅構内の踏切から取った写真です。 レトロな感じが可愛らしい電車です笑

白糸台駅に到着


P_20170427_122609_1_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
西武多摩川線 白糸台駅の写真

はい、車窓からの風景撮り忘れました。 運転席の窓が大きく客室側にも取られているので線路を眺めていました。

ということでまた駅からの写真です! 上の写真は西武多摩川線 白糸台駅のホームから撮影した写真です。

私が乗降した2つの駅構内では踏切が当たり前の様に設置されているので割と一般的なのかもしれませんね笑

P_20170427_122631_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
西武多摩川線白糸台駅 走り去って行く電車の写真

のんきにホームからパシャパシャ撮ってないで駅構内の踏切から撮りに行けばよかったと少し後悔。

府中方面に向かってスタート!


P_20170427_123045_EFF
Phot by Yuk1だーるま
白糸台駅から武蔵境方面の踏切写真

都道229号線と交わる踏切の写真です。 とりあえず撮影しておきました笑

近くに踏切がもうひとつあったので遮断機も撮りました。
P_20170427_123214_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
遮断機の写真

綺麗な遮断機でしたので、もしかしたら付け替えて間もないのかもしれません。

西武多摩川線に沿って国道20号線へ向かいます。
P_20170427_123405_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
刻堂20号線沿線道路の写真

目で見た時はもう少し綺麗な風景に見えたんですが不思議ですね笑 この道を歩いて行くと右手にこんなものが有りました。
P_20170427_123454_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
旧陸軍調布飛行場白糸台掩体壕の写真

防空壕ではなく掩体壕と呼ばれるものらしいですね。 具体的には物資や装備品、戦闘機等を攻撃から守るために使われていた施設だそうです。

P_20170427_123514_1_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
掩体壕説明ボードの写真

中に入ることは出来ませんが、近くまで寄ることは出来ますので、是非見に行きましょう!
P_20170427_123541_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
掩体壕中の写真

2つ目の用事も済ませたので次に向かいます!

癒やしの空間へ


P_20170427_141217_1_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
都立野川公園案内図の写真

先ほど調布掩体壕からだと白糸台駅から多摩駅まで電車を使って移動するのが楽なのですが、せっかくなので歩いてみることに。

ちなみに、西武多摩川線に沿って歩いて行くのではなく、武蔵野森公園という方向に向かっていけば、野川公園までに警察大学校と武蔵野森公園があるので色々見て回ることが出来ます。

私は何も考えずただ住宅街を抜けてきてしまったので、目新しい物はなく笑

ということで野川公園を散策です!
P_20170427_141534_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
野川公園広場の写真

木々が風に揺られて葉のこすれ合う音だけしか無い世界。 あまり無いですよね笑 郊外のゴルフ場の様な感覚です。
P_20170427_141546_1_vHDR_On
Phot by Yuk1だーるま
野川公園広場の写真2

公園のベンチから眺める木の写真。
P_20170427_141928_HDR
Phot by Yuk1だーるま
野川公園広場の写真3

私はここでお昼を取り、少し休憩。 休日だともう少し人が居るのですが、平日なのでほぼ人がおらず貸切状態でしたね笑

お散歩のお供


結構長くなってきてしまったのでその1をこの辺で!
↓*今回のお散歩のお供はこちら!*↓

-*-*写真撮影*-*-
以前はコンデジを持ち歩いて居たのですが、このスマホを買ってからあまり持ち歩かなくなってしまいましたね笑

瞬間的な写真等はコンデジのほうが優秀ですが、持ち歩くことを考えてしまうと私には優位性をあまり感じられなかったのでスマホオンリーですね笑

-*-*水筒*-*-
水筒って持ち運ぶのは良いけど、洗うのが面倒なんですよね。 でも、このいかにもスポーツドリンクを入れそうな水筒はペットボトルの蓋を大きくしただけのような機構なので、つけおきしたり分解したりという手間が無く、三日坊主な私でも水筒生活を持続しているのでオススメです!

また、ただのプラスチックなので軽く、持ち運びやすいです。 あと、専用の保温カバーがあるので合わせて使うと鞄の中で結露したりせず、快適に使えます!
それではみなさんもお散歩を楽しみましょう!